つむやかめも

備忘録みたいな。

いろ

昔テレビで子どもに絵を描かせてその絵を見て子どもの心理状態がどうだこうだと議論してるのを見たことがある。色が心に与える影響は馬鹿にできない。

 
近ごろ人気の北欧雑貨はカラフルな色使いが特徴的だけど、これにはちゃんとした理由がある。日照時間の短い地域ではうつになりやすい傾向があって、(実際冬季うつ病というものもあるらしい)自殺率で見ても日照時間との相関関係がうかがえるんだとか。
 
でも、だからと言ってお日さまを呼び出すことはできないので…かわりに考えられたのが生活に色を取り入れるということ。カラフルな色たちはお日さまパワーと同じように心を良い方に持っていってくれるらしい。
 
漫画のプロットで登場人物についてあれこれ考えるとき、その子のイメージカラーを付けてあげると動かしやすかったりする。性格が見えやすくなる…気がする
 
なので、というのは変だけど、漫画に限らず色に対するこだわりがある人はキャラがしっかりしていて印象に残りやすいような気がする。
 
また明日